注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

留学費用「タダ同然」奨学金の使い方

大学の奨学金案内パンフレットを入手

奨学金を利用したい読者にお勧めしたいのが、返済義務のない「給付型」の奨学金。各種民間団体や地方自治体に加え、近ごろでは大学独自でかなり手厚い制度を設けています。複数の奨学金を組み合わせれば、学費をタダ同然にできる可能性も。

 

大学による予約型の代表格として挙げられるのが、早稲田大学の「めざせ! 都の西北奨学金」。対象は首都圏1都3県以外の国内高等学校出身者等と限定されますが、入学時納入金から春学期分(半期)の授業料が免除されるので、入学前の経済負担が軽減される仕組み。

 

地元学生にも門戸を開いているのが関西大学

 

「学(がく)の実化(じつげ)」。こちらも予約型です。関西圏内出身の文系学部では年額30万~38万円、関西圏外から理工系に進学する場合は55万円を支給。毎年学業成績などによる審査はありますが、基本的には4年間継続支給されます。

また特徴的な例として、金沢工業大学の「特別奨学生制度」があります。「自ら考え行動する技術者」育成に向けて優秀な学生を取り込もうと、国立大学の学費の標準額との差額を支給するものです。また、神奈川大学の「給費生試験」は、自宅外通学者に手厚いのが魅力。北海道から沖縄まで全国19会場で試験が行われるため、首都圏以外の家庭でも利用しやすいです